魚沼市発注工事における現場代理人の兼任の取扱いについて

公開日 2015年02月12日

最終更新日 2017年07月21日

魚沼市建設工事請負基準約款の改定(平成23年4月1日施行)に伴い、一定の要件を満たす工事に限り、現場代理人を兼任することを認めることとしましたので、お知らせします。

■ 兼任が認められる工事の要件
次の要件のすべてを満たす場合に限り、現場代理人の兼任が認められます。

  1. 兼任する工事がすべて魚沼市発注の工事であること。
  2. 兼任する工事現場が、同一現場または隣接していること及び工事内容(工法・工種・工程等)に関連性があり、同一の現場代理人が現場を掌握し管理を行うことが合理的であると認められること。
  3. 兼任する工事の一つの請負契約金額が3,500万円(建築工事については7,000万円)未満で、現場代理人が他の工事で建設業法(第26条第3項)の規定による専任を要する主任技術者又は監理技術者でないこと。
  4. 兼任する工事現場における運営、取締り及び権限の行使に支障がなく、かつ、発注者との連絡体制が確保されると認められること。
  5. 兼任する工事の設計図書(特記仕様書等)に、現場代理人の兼任を認めない旨の記載がないこと。

■ 兼任を認める工事件数
同一の現場代理人が、兼任することができる工事の件数は2件までとします。

■ 現場代理人が兼任する場合の手続
受注者は、現場代理人の兼任をするときは、兼任する工事の監督員それぞれに現場代理人兼任届(別紙)を提出し承認を得ることとします。詳細については次のとおりです。

  1. 兼任届は、兼任する工事の着手届の提出時に併せて提出することとします。
  2. 上記の提出と併せ、すでに契約済みで兼任を受ける工事についても、兼任届の提出が必要です。
  3. 受注者から兼任届の提出があった時は、工事監督員が適用要件や工事内容等を確認し不都合が無いと認められる場合に、工事打合簿又は兼任届等への所属長の押印により承認することとします。
  4. 現場代理人に変更があった場合で、変更後の現場代理人が兼任となる場合には、現場代理人変更届と併せて兼任届の提出が必要となります。
  5. 兼任届提出後、現場代理人の変更以外で同届の内容(兼任工事の終了、各工事の契約金額・履行期限等)に変更が生じた場合、受注者は同届の再提出を行う必要はないこととします。

■ 現場代理人の兼任の取消し等
現場代理人を兼任することにより、工事現場の運営・施工・管理等に不都合等が生じた場合、当該現場代理人の兼任の取消し等の措置を行うこととなりますのでご注意ください。

■ 兼任取扱の適用日
平成23年4月1日から適用とし、平成23年4月1日以降に契約した工事を対象とします。

現場代理人兼任届(エクセルファイル)[XLS:36KB]

お問い合わせ

財政室 契約検査班
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島130番地1(小出庁舎)
TEL:025-792-9205
FAX:025-792-9500

記事へのアンケート