Column(№21)

公開日 2018年08月08日

最終更新日 2018年08月08日

平成30年8月7日(火)

 

みなさまこんにちは
魚沼市副市長の東川玲です。

今年の夏は日本全国各地で例年にない暑さが続いています。魚沼市の夏も連日ほぼ晴天で暑く、適度な雨が降ると観光や農地等にも良いのですが、やや渇水の状況になっています。
そのような中、週末に「第15回枝折峠ヒルクライムinうおぬま」が開催されました。奥只見湖に向かうシルバーライン手前にある湯之谷地域の交流センターユピオと大湯公園で開会式が行われ、挨拶をさせていただきました。当日の午前中は晴天でしたが、幸いなことに気温があまり上がらず比較的涼しい中での開催となりました。私のスタート合図のピストル音によって434名という大勢の参加者によるレースが始まりました。枝折峠は全長14キロ、高低差は750メートルあり、冬はスノーカントリートレイルの稜線コースの一部にもなっていますが、急峻な山道となっており過酷なコースです。今回、男子チャンピオン1位の方は新記録の34分台でゴールされました。単純計算で恐縮ですが、急峻な山道にも関わらず、平均時速24.7㎞の速度で登られた計算になるのかなと思いました。
本大会は、実行委員会やボランティア、市民の方々含め、コースの誘導、ゴールまでの沿道の安全管理やゴール後の表彰式まで、多くのスタッフの方々によって運営されました。当日も事故等もなく感謝申し上げます。また、レース後に振る舞われた八色スイカは非常に美味で、選手たちの体を癒してくれたのではないでしょうか。
表彰式では第15回まで連続で出場して表彰されている方が何名かいらっしゃいました。魚沼市で行われるヒルクライムが伝統あるものになるよう引き続き市としてもバックアップしていきたいと考えています。


8月に入り、もうすぐお盆休みとなる頃かと思いますが、大変な暑さの中どうか皆様も熱中症等にならぬようご自愛ください。

〇第15回枝折峠ヒルクライムinうおぬまの模様

ヒルクライム1 IMG_1912

ヒルクライム2 IMG_1918

ヒルクライム3 IMG_1925

ヒルクライム4 IMG_1932

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事へのアンケート