うおぬまの食の多面的活用滞在型旅行商品開発事業補助金(募集)

公開日 2019年06月05日

最終更新日 2019年06月05日

◆概要
市内に所在する団体等が「魚沼市の“食”を多面的に活用した旅行商品の開発」等を市内で開催する取組を支援するための事業です。
「体にいい」をキーワードに市内で生産・製造等される食料品や飲料品、魚沼の風土を活かした料理及び地場産農林水産物等を使用するメニューを開発するとともに、市内の自然環境資源の活用や健康づくり活動等と組み合わせることにより、一人当たりの滞在時間を延長させる滞在型旅行商品の開発の取組に対して、その経費の一部を助成します。

 

◆内容
(補助対象経費)
(1)講師謝金(謝礼又は物品等での報償品に限る。)、(2)消耗品費、(3)印刷製本費、(4)食糧費(講師の弁当等に係るものに限る。)、(5)賄材料費、(6)販売材料費、(7)通信運搬費、(8)広告料、(9)手数料及び保険料、(10)委託料、(11)使用料又は賃借料、(12)原材料費
(補助金額等)
令和2年3月31日までに支払われた経費のうち、本事業の対象と認められる経費の合計額が補助金額となります。ただし、100万円を上限とします。

 

◆主な要件
本事業の補助対象者は、次に掲げる全ての要件を満たし、市長が認める実行委員会及びその他の団体とします。
ア  魚沼市内に住所があること。
イ  代表者の定めがあること。
ウ  組織規程を有し、収支予算が総会等において承認されていること。
エ  市外からの来訪者の増加を図るため、市内で生産・製造等される食料品や飲料品、地場産農林水産物等の活用によって魚沼の食をPRしていく意欲があること。
オ  食でつながる元気なまちづくりの取組として実施され、市のホームページ及び広報紙等により、紹介されることに承諾すること。
カ  市が実施する食でつながる元気なまちづくりの推進に積極的に協力できること。
キ  食品衛生法(昭和22年法律第233号)、その他関係法令を遵守していること。

 

◆申請期限等
(申請期限)
令和元年10月31日(木) 17時必着
※申請期限後においても、予算に残がある場合は申請期限を延長する場合があります。
(提出書類)
ア 補助金等交付申請書(魚沼市補助金等交付規則第4条様式第1号)
イ 添付書類
 収支予算書、事業計画書、事業計画図、位置図、見積書、その他書類(必要に応じて提出)

 

詳しくは、実施要領をご覧ください。
 ⇒ (令和元年度)食の多面的活用滞在型旅行商品開発事業【実施要領】[PDF:395KB]

 ⇒ 補助金交付申請書等様式【第1号・第8号・別記 多面的活用滞在型商品開発事業】[DOCX:28KB]

お問い合わせ

総務政策部 企画政策課
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島130番地1 (小出庁舎)
TEL:025-792-1425
FAX:025-792-9500
Get Adobe Reader

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。Adobe Readerのダウンロードページから入手してください。

記事へのアンケート