ブロック塀等の安全対策に心掛けましょう

公開日 2018年06月25日

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震では、ブロック塀等が倒れ2名の方が亡くなられる重大な事故が発生しました。また、平成28年の熊本地震などの過去の地震においても同様の事故が発生しています。これらの倒壊したブロック塀等においては、鉄筋の配置が不十分である、施工不良がある等の指摘がなされています。

 

1.これからブロック塀等の重量のある塀を造るときは、建築基準法の規定を守り正しく工事を行ってください。
2.基準に従った設置がされていない場合や古くなったブロック塀等は、倒壊のおそれがある場合がありますので、ブロック塀の点検のチェックポイントを活用するなどして安全点検を行ってください。

 

安全点検の結果、危険性が確認された場合には、付近通行者への速やかな注意表示等及び補修、撤去等を行ってください。
なお、ご不明な点がありましたら、最寄りの建築士等の専門知識を有する方、あるいは建築基準法を所管する各行政機関へご相談ください。

くわしくは、新潟県ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

土木課 都市整備室
住所:〒946-8555 新潟県魚沼市今泉1488番地1 (広神庁舎)
TEL:025-799-3134
FAX:025-799-4488

記事へのアンケート