消火器の使い方

公開日 2015年01月28日

最終更新日 2019年09月04日

消火器は、私たちにとってもっとも身近な消火器具ですが、実際の火災における消火器の使用率は50%程度でしかありません。
しかし、消火器を使用した火災における初期消火の成功率は70%を超えるなど、消火器の有効性が証明されています。

■消火器の種類

消火器は薬剤の種類によって、粉末消火器、強化液消火器、泡消火器等があり、火災の種類に適した消火器を選ぶ必要があります。
消火器に貼ってあるラベルが適応する火災の種類を示しています。

◆ラベル◆
白色 … A普通火災(木材、紙、布などが燃える火災用)
黄色 … B油火災(灯油、ガソリンなどが燃える火災用)
青色 … C電気火災(電気設備などが燃える火災用)

◆適用区分◆
粉末消火器 … A・B・C
強化液消火器 … A・B・C
泡消火器 … A・B(Cは適用外)

◆使い方◆

消火器の使い方
使用例 使い方手順
消火器の使い方
消火器の使い方
  1. 安全ピンに指をかけ、上に引き抜く。
  2. ホースをはずして火元に向ける。
  3. レバーを強く握って噴射する。
消火器のかまえ方
消火器のかまえ方
  • 屋外で使用する場合、風上から使用する。
  • 低い姿勢で熱や炎を避けるようにして、徐々に近づく。
  • 炎や煙にまどわされずに火元にノズルを向け消火する。

お問い合わせ

消防本部・消防署 予防課
住所:〒946-0007 新潟県魚沼市四日町450番地1 (消防庁舎)
TEL:025-792-7168
FAX:025-792-8441

記事へのアンケート