観光案内

公開日 2015年02月03日

最終更新日 2019年03月30日

魚沼市 人と四季がかがやく 雪のくに

観光案内

魚沼市の観光情報は、魚沼市観光協会ホームページを閲覧してください。
リンク先:魚沼市観光協会ホームページ

市長のご挨拶

 

魚沼市ホームページへようこそ。

魚沼市は、日本でも有数の豪雪地帯として知られ、夏には国の特別天然記念物「尾瀬国立公園」の玄関口として、毎年多くの観光客が訪れる、四季の変化に富んだ豊穣の地です。

この自然の恵みにより、古くから育まれてきた豊かな農村文化は、日本でもっとも美味しいお米「魚沼産コシヒカリ」や、芳醇な香りと味のふくらみのある「地酒」など、良質で魅力的な食材を生み出し、それらは全国的に有名な食品ブランドとして親しまれています。

大自然と魅力ある食材、そしてそこに住む優しく朗らかな人々のおもてなしは、魚沼市を訪れる皆さまを、きっと満足させてくれるでしょう。

私たちは、このすばらしい自然と文化を慈しみ守りながら、人と四季がかがやく雪のくにを目指してまいります。

市長 佐藤雅一

魚沼市長 佐藤雅一

 

魚沼市の概要

 魚沼市は、新潟県の南東部に位置し、福島県と群馬県の県境に接している、人口約4万人の市です。総面積は946.93平方キロメートル、新潟県全体7.5%を占めています。
西を魚沼丘陵、東を三国山脈に挟まれた魚沼盆地の北方に位置する魚沼市は、夏は高温多湿、冬は3メートルもの積雪がある日本有数の豪雪地帯です。
市の中心部を流れるのは、香魚として知られる鮎など、数多くの魚が生息する魚野川、その支流である破間川、佐梨川、羽根川などの清流が貫流しています。南部には国の特別天然記念物である尾瀬国立公園があり、本市は新潟県側からの尾瀬への唯一の玄関口となっています。
また、豊かな自然と雪に育まれた魚沼市は、魚沼産コシヒカリに代表されるように、日本有数の良質米の生産地としてその名を知られ、その米から作られるおいしい地酒が自慢の一つです。さらにはユリの産地としても日本屈指の生産出荷額を誇っています。

魚沼の冬景色 尾瀬国立公園 魚沼産コシヒカリ

交通アクセス

関越自動車道が横断しており、小出IC・堀之内ICが設置されています。近くに上越新幹線浦佐駅もあり、首都圏、県内主要都市までの交通は便利です。その他に、東京~新潟を結ぶ国道17号線(三国街道)、福島県へ連絡する国道252号線(六十里越)、352号線(銀山街道、枝折峠)などが通っています。

車での所要時間

  • 東京 ⇔ 小出IC(関越自動車道利用)…約3時間
  • 新潟 ⇔ 小出IC(関越自動車道利用)…約1時間
  • 新潟 ⇔ 堀之内IC(関越自動車道利用)…約55分

JRでの所要時間

  • 東京駅 ⇔ 浦佐駅(上越新幹線利用)…約1時間30分
  • 新潟駅 ⇔ 浦佐駅(上越新幹線利用)…約40分

アクセスマップ

アクセスマップ[PDF:2MB]

かたくり こぶし うぐいす 鮎

 

お問い合わせ

産業経済部 商工観光課(観光係)
住所:〒946-8511 新潟県魚沼市大沢213番地1 (湯之谷庁舎)
TEL:025-792-9754
FAX:025-793-1016
Get Adobe Reader

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。Adobe Readerのダウンロードページから入手してください。

記事へのアンケート