国重文「佐藤家」

公開日 2015年01月30日

最終更新日 2017年01月25日

「佐藤家」は、元文3年(1738年)に建築され、中門造りの形式を持つ民家の初期の遺例として、また時代の特性を示す価値が認められて、昭和52年に国の重要文化財の指定を受けました。
「茶の間」「でい(座敷)」「にわ(土間)」より成り、冬期間3~4mの豪雪にも耐えられるように、柱は太く造られ、茅葺屋根造りとなっています。
昭和54~55年度の解体修復工事を行い、建築当初の姿に復元されました。
周辺の山々や田に囲まれ、温かみがあり風情あるたたずまいとなっています。

佐藤家20161020
(2016年10月撮影)

また、同地域にあるもう一つの国重文「目黒邸」から車で約3分です。どうぞ併せてご覧ください。

◇公開時間/9:00~16:30
◇休館日/冬期間(12~3月まで)休館
◇入館料/通常は見学・資料代として100円
◇所在地/〒946-0226 魚沼市大倉1273番地1
◇交 通/関越自動車道小出ICから車20分、JR越後須原駅から約2km
◇問合せ/TEL025-794-6073(生涯学習課文化財係)

◆◇目黒邸ホームページ◇◆
佐藤家の内容も掲載しています。
 

地図

お問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課
住所:〒949-7494 新潟県魚沼市堀之内130番地 (堀之内庁舎)
TEL:025-794-6073
FAX:025-794-2353

記事へのアンケート