農業者年金について

公開日 2015年02月03日

最終更新日 2015年02月16日

加入資格

農業に年間60日以上従事する60歳未満で、国民年金第1号被保険者であれば、農地等の権利名義がなくても誰でも加入できます。

税制優遇

保険料は全額社会保険料控除(所得控除)の対象となります。死亡一時金は非課税です。年金は公的年金等控除の対象です。

保険料

保険料には通常保険料と特例保険料があります。

  • 通常保険料(政策支援を受けない方が納付する保険料)
    月額20,000円を下限とし、1,000円刻みで67,000円まで増額でき、いつでも変更することができます。
  • 特例保険料(政策支援を受ける方が納付する保険料)
    国の助成額を除いた額(月額20,000円-助成額)です。
    政策支援を受けている期間は、基本となる保険料20,000円を増額又は減額することはできません。

年金の種類と支給条件

  • 農業者老齢年金
    支給要件は65歳到達を原則とします。ただし、国民年金と同様に60歳まで繰り上げ支給を選択することができます。

 

お問い合わせ

農業委員会事務局
住所:〒946-8555 新潟県魚沼市今泉1488番地1 (広神庁舎)
TEL:025-799-4604
FAX:025-799-2250

記事へのアンケート