医療機関で支払う費用

公開日 2015年02月06日

最終更新日 2019年04月01日

病気やケガの治療を受けたとき(療養の給付)

病気やケガで診療を受けるときは、かかった医療費の1割を負担(現役並みの所得がある人は3割)で受診できます。

医療機関窓口での自己負担割合について
負担割合 所得区分 該当条件
3割 現役並み所得者 同一世帯の後期高齢者医療制度の加入者の中に、住民税課税所得が145万円以上の所得者がいる方。
ただし、下記に該当する方は申請により「一般」の区分へ変更になります。
【同一世帯に後期高齢者医療制度の加入者が一人の場合】
 その方の収入の合計金額が383万円未満(または、その方の収入と同一世帯の70~74歳の方全員の収入の合計金額が520万円未満)
【同一世帯に後期高齢者医療制度の加入者が複数いる場合】
 加入者全員の収入の合計金額が520万円未満
1割 一般 住民課税世帯で現役並みの所得者以外の方
住民税非課税世帯 区分2 世帯の全員が住民税非課税である方
区分1 世帯の全員が住民税非課税で、各種収入などから必要経費・控除を差し引いた各所得が0円となる世帯の方(ただし、公的年金にかかる所得については控除額を80万円として計算)

※入院の際、住民税非課税世帯(区分1・2)に該当する方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」が、現役並み所得者で住民税課税所得が690万円未満の方は「限度額適用認定証」が必要となりますので、市役所の窓口に申請して下さい。

訪問看護サービスを利用したとき(訪問看護療養費の支給)

医師の指示により訪問看護を利用したときは、かかった医療費の1割(現役並み所得者は3割)が自己負担となります。

高度な医療を受けたとき(保険外併用療養費の支給)

厚生労働大臣が定める先進医療など保険が適用されない治療を受けたときなどでも、保険が適用される部分は保険外併用療養費として、通常の自己負担割合となります。
具体的な診療内容は医師等にお聞きください。

入院時の医療費

入院したときの医療費は、かかった医療費の1割(現役並み所得者は3割)が自己負担となります。
ただし、同じ月内での自己負担額が下表の自己負担限度額を超えた場合は、限度額までの支払いとなります。
 ※入院時の食事代・居住費・雑費は別途負担となります。 
 ※75歳誕生月は、自己負担限度額の特例が適用されます。

入院時の医療費の自己負担額(同じ月内)
 所得区分 限度額
 
現役並み所得者(3割負担)
 
住民税課税所得690万円以上

252,600円+(医療費-842,000円)×1%

〈140,100円※〉

住民税課税所得380万円以上

167,400円+(医療費-558,000円)×1%

〈 93,000円※〉

住民税課税所得145万円以上

 80,100円+(医療費-267,000円)×1%

〈 44,400円※〉

 一般(1割負担)

 57,600円

〈 44,400円※〉

 住民税非課税世帯(1割負担) 区分2 24,600円
区分1 15,000円

※過去12か月以内に3回以上、限度額に達した場合は、4回目から「多数回」該当となり、限度額が下がります。

一般病床に入院したときの食事代(入院時食事療養費の支給)

 入院時の食事代は、1食分として定められた費用が自己負担となります。

所得区分 負担額
入院時食事代の自己負担額(1食あたり)
現役並み所得者、一般 460円
住民税非課税世帯 区分2 90日までの入院 210円
過去12カ月で90日を超える入院 160円
区分1 100円

※特定医療費(指定難病)受給者証をお持ちの方は260円

療養病床に入院したときの食事代・居住費(入院時生活療養費の支給)

療養病床に入院した時は、介護保険で入院している方との負担の均衡を図るため、定められた食費と居住費が自己負担となります。

食費・居住費の自己負担額
所得区分 1食あたりの食費 1日あたりの居住費
現役並み所得者、一般  460円※ 370円
住民税非課税世帯 区分2 210円 370円
区分1  老齢福祉年金受給者以外 130円 370円
老齢福祉年金受給者 100円 0円

※一部医療機関では420円
なお、療養病床に入院している方で医療の必要性の高い方は、一般病床に入院した時の食事代になります。

次のようなときには、保険証が使用できません。

  • 病気とみなされないとき
    健康診断・人間ドック・予防注射・歯列矯正・軽度のわきが、しみ・美容形成など 
  • ほかの保険が使えるとき
    仕事上の病気やけが(労災保険の対象となります)
  • 給付が制限されるとき
    故意の犯罪行為や故意の事故、けんかや泥酔による病気やけが、医師や保険者の指示に従わなかったとき

お問い合わせ

市民福祉部 市民課(国民健康保険係・高齢者医療係)
住所:〒946-8511 新潟県魚沼市大沢213番地1 (湯之谷庁舎)
TEL:025-793-7971
FAX:025-792-7600

記事へのアンケート