医療機関の適切な利用に心がけましょう

公開日 2015年02月06日

最終更新日 2015年02月06日

まずは、近所のかかりつけ医に相談し、医療機関を適切に受診しましょう。他の診療科や総合病院での受診が必要であれば、かかりつけ医に紹介してもらえます。

  • 県内の救急医療は初期・第二次・第三次救急医療機関に区分されています。適切な利用を心がけ、県内の救急医療体制維持にご協力くださるようお願いします。

新潟県の救急医療体制
・初 期(比較的軽症な患者の診療:かかりつけ医、休日夜間急患センターなど)
・第二次(手術・入院を要する患者の診療:病院群輪番制病院、救急病院など)
・第三次(24時間体制による重篤救急患者の診療:救命救急センターなど)
 

  • できるだけ昼間に受診しましょう。

・昼間の診療時間内には、医師だけでなく看護師、検査技師、薬剤師など多くの医療スタッフが揃っているので、検査、投薬などもスムーズに受けられます。

お問い合わせ

市民福祉部 健康増進課
住所:〒946-8511 新潟県魚沼市大沢213番地1 (湯之谷庁舎)
TEL:025-792-9763
FAX:025-792-7600

記事へのアンケート