高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種

公開日 2015年02月06日

最終更新日 2021年06月09日

肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者では鼻やのどの奥に菌が常在しているとされます。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を引き起こすことがあります。
高齢者肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)は、成人の重症の肺炎球菌感染症の原因の約7割を占めるという23種類の血清型に効果があります。
※すべての肺炎を防ぐものではありません。

予診票発送について

65歳以上の方は、春から夏にかけて新型コロナウイルスワクチンの予防接種が予定されているため、高齢者肺炎球菌予防接種の予診票は7月中旬にお届けします。

予診票がお手元に届く前に接種を希望される方は、健康増進課(025-792-9763)までご連絡ください。

なお、接種の可否や時期については、必ず事前に主治医とご相談ください。

定期接種対象者

 

●今年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方で、今までに高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けたことがない方

●60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の障害またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に一定の障害を有する方
 

【令和3年度の対象者】

・65歳   昭和31年4月2日~昭和32年4月1日生まれの人
・70歳   昭和26年4月2日~昭和27年4月1日生まれの人
・75歳   昭和21年4月2日~昭和22年4月1日生まれの人
・80歳   昭和16年4月2日~昭和17年4月1日生まれの人
・85歳   昭和11年4月2日~昭和12年4月1日生まれの人
・90歳   昭和  6年4月2日~昭和  7年4月1日生まれの人
・95歳   大正15年4月2日~昭和  2年4月1日生まれの人
・100歳 大正10年4月2日~大正11年4月1日生まれの人

 

注意

●初めて接種する方を対象とした助成制度です。
 今までに肺炎球菌の予防接種を受けたことがある方は助成の対象となりません。

 

●助成を受けることができるのは、生涯で1度だけです。この機会を逃すと、今後助成を受ける機会はありません。
 今年度受けていない場合でも、5年後は助成の対象となりません。

※接種は義務ではありません。予防接種の効果、副反応、医師の説明をお聞きのうえ、接種するかどうか判断してください。

助成対象となる接種期間

令和3年4月1日~令和4年3月31日
期間を過ぎますと、助成できなくなります。

接種費用

自己負担額 4,700円(定期接種では費用の一部を市が負担します。)
医療機関の窓口でお支払いください。

接種医療機関及び接種方法

委託医療機関で接種が受けられます。

(1)医療機関へ1週間前までに電話等で予約をしてください。
(2)接種日当日に持参するもの
 ・市から発送された予診票(紫色) 
 ・保険証
 ・健康手帳またはお薬手帳など予防接種の状況がわかるもの
 

 

実施している医療機関は次のとおりです。

令和3年度高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種 医療機関一覧表

医療機関 住所 電話番号 備考
堀之内医療センター 堀之内4315 794-2450
新田医院 堀之内4315 794-4555
堀之内駅前 小玉医院 堀之内3870-1 798-2000
市立小出病院 日渡新田34 792-2111
※受診中の人のみ
ほんだ病院 原虫野433-3 792-9550 ※受診中の人のみ
上村医院 諏訪町1-12 792-0143 月~土 11:30まで ※予約不要
中島脳外科内科医院 小出島81-1 793-3337
庭山医院 四日町101-2 792-5511
かねもと外科内科医院 井口新田945-1 792-7678
宮医院 井口新田439-1 792-0602
金子クリニック 田尻164-2 799-2015
守門診療所 須原1237-1 797-2062
入広瀬診療所 大栃山635-1 796-2320

※上記以外にも、新潟県医師会との契約により接種できる医療機関があります。詳しくは健康増進課までお問合せください。
※契約医療機関以外での接種については、助成できませんのでご注意ください。

 

 

お問い合わせ

市民福祉部 健康増進課
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島910番地 (本庁舎)
TEL:025-792-9763
FAX:025-792-9500

記事へのアンケート