固定資産税の軽減(住宅用地・新築住宅)

公開日 2016年12月09日

最終更新日 2019年05月10日

住宅用地の軽減

住宅用地に対する課税にあたっては、負担軽減措置を設けています。これにより、土地の課税標準額は、200m2までは6分の1に、残りの部分については基本的に3分の1に軽減されます。

住宅用地の適用(異動)申告書[PDF:187KB]

新築住宅の軽減

新築住宅について、50m2以上280m2以下のものは、120m2相当部分の税額が初年度から3年間、2分の1に軽減されます。(共同住宅の場合は、一戸につき40m2以上280m2以下となります。)
※併用住宅は、居住部分の面積が1/2以上の場合に限ります。

また、長期優良住宅の場合は、同様の条件において、5年間軽減されます。
マンションなど3階以上の中高層耐火構造住宅は、同様の条件において、5年間軽減されます。(中高層耐火構造住宅で長期優良住宅の場合は7年間となります。)

新築住宅固定資産税減額申告書[PDF:211KB]
長期優良住宅固定資産税減額申告書[PDF:154KB]
※長期優良住宅の場合は、新潟県から発行される「認定書」(写し)を併せて提出してください。

提出先

魚沼市税務課 固定資産税係(TEL025-792-9751)
(または各市民センター、北部事務所窓口)

お問い合わせ

市民福祉部 税務課
住所:〒946-8511 新潟県魚沼市大沢213番地1 (湯之谷庁舎)
TEL:025-792-9751
FAX:025-792-7600
Get Adobe Reader

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。Adobe Readerのダウンロードページから入手してください。

記事へのアンケート