毎月22日は『禁煙の日』スワンスワン(吸わん吸わん)で禁煙を!【18】『COPD』をご存知ですか~その3

公開日 2015年02月06日

最終更新日 2015年02月06日

毎月22日は『禁煙の日』です。

肺機能検査というと胸部レントゲン検査が一般的ですが、胸部レントゲン検査では、初期段階の『COPD(慢性閉塞性肺疾患)』は見逃されることがあるそうです。『COPD』は早期に発見して治療を行えば肺機能の低下スピードを緩めて重症化を防ぐことが可能です。

『COPD』の診断には胸部レントゲン検査と併せて息を吐き出す力を数値化できる呼吸機能検査(スパイロメトリー)が重要です。

また、測定結果を誰にでもわかりやすい『肺年齢』として示すこともできます。肺の機能は誰もが年齢とともに衰えていきます。『自然な衰え方をした場合の何歳の人に相当するか』が肺年齢です。肺年齢が実年齢と同じか若ければ健康、実年齢より上だった場合は要注意で『COPD』の危険性もあると判断できます。

「日頃から咳や痰、息切れが続いて気になっていた」というような人は思いきって医療機関を受診してみてはいかがでしょう。検査を実施しているかは各医療機関へ直接お問い合わせください。

『COPD』には禁煙が最も効果的な予防法です。
 今月の22日から『禁煙』をはじめませんか?

こちらも参考にご覧ください
参考リンク先:「禁煙の日」公式サイト 禁煙推進学術ネットワーク
       厚生労働省 たばこと健康に関する情報ページ
       厚生労働省 e-ヘルスネット
       社団法人 日本呼吸器学会HP
       社団法人 GOLD日本委員会

お問い合わせ

市民福祉部 健康増進課
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島910番地 (本庁舎)
TEL:025-792-9763
FAX:025-792-9500

記事へのアンケート