うおぬま地域 食のふしぎはっけん・おやこジャングル!

公開日 2015年02月09日

最終更新日 2015年02月09日

8月10日(土)に、小学生の親子を対象に“災害時の食を学ぶ”目的で「うおぬま地域 食のふしぎはっけん・おやこジャングル!」を開催しました。魚沼地域振興局が主になり堀之内の月岡公園で行いました。31℃という気温の中、親子で様々な体験をしながら災害時の食について学びました。

食のふしぎはっけん1

食のふしぎはっけん・おやこジャングル!2

地域づくり振興公社のスタッフによる“火おこし体験”防災士会による“災害時の備えについてのクイズ”食生活改善推進員協議会と栄養士会や学校栄養職員による“パッククッキング”などの体験をしました。

食のふしぎはっけん・おやこジャングル!3

パッククッキングとは、真空調理の理論を利用したポリ袋を使った調理法のことで、簡単に1人分の料理ができます。出来上がりは焦げたり、煮崩れや煮詰まることなく、うま味を逃さず、味も均一に仕上がり失敗が少ないです。万が一燃えてもポリエチレンは二酸化炭素と水が発生するだけで無害です。

災害時、電気やガス、水道などのライフラインが止まっても、家庭に備えてある水やカセットコンロを利用して料理を作ることができます。

キッチンバサミやピーラーで、包丁やまな板を使わなくても作れる方法も学びました。

食のふしぎはっけん・おやこジャングル!4

パッククッキングでご飯、夏野菜カレー、キャベツときゅうりの塩昆布あえを作りました。

食のふしぎはっけん・おやこジャングル!5

 いざという時の備えは大事です。家庭では3日分の食料と水を備えておく必要があります。家族で災害時の食について考えてみてはいかがでしょうか。

簡単パッククッキングの紹介

✦ご飯(1人分)
 米 1/2カップ  水 1/2カップ

米はポリ袋に入れ、少しの水で軽くもみ洗いし、その水を捨てる
分量の水を入れて、袋の空気を抜き、袋の口(なるべく口の上の方)を結ぶ
鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら袋を入れて20分加熱する

✦夏野菜カレー(1人分)
 なす、トマト、かぼちゃ、玉ねぎなどの野菜の角切り  150g
 ツナ缶 大さじ1   カレールウ 2/3こ   水  40cc

材料を全てポリ袋に入れて、ご飯の作り方と同じようにパッククッキングする

こちらも参考にどうぞ
魚沼地域振興局健康福祉部(魚沼保健所)
http://www.pref.niigata.lg.jp/uonuma_kenkou/1340398825258.html

お問い合わせ

市民福祉部 健康増進課
住所:〒946-8511 新潟県魚沼市大沢213番地1 (湯之谷庁舎)
TEL:025-792-9763
FAX:025-792-7600

記事へのアンケート