グリーンカーテンプロジェクト「ゴーヤ」の種を配布します

公開日 2021年05月06日

最終更新日 2021年05月06日

市では、地球温暖化対策としてグリーンカーテンの取り組みを推進するためゴーヤの種を配布します。
家庭や事業所等にゴーヤやヘチマ、朝顔などつる性の植物を育ててグリーンカーテンを作り夏を涼しく過ごしませんか。CO2削減、夏の節電対策にもつながります。


・配 布 物 :ゴーヤの種1袋(12粒入り)、グリーンカーテンガイドブック(ゴーヤの育て方)1冊
・配布場所:生活環境課(本庁舎2階15番窓口)
・配布期間:無くなり次第終了

グリーンカーテンの効果

・日差しを遮ります
 茂った葉で、窓から入る直射日光を遮り、室内温度の上昇を抑えます。

・蒸散により周囲の温度を下げます
 植物は、地面から吸い上げた水を茎の中に蓄え、葉から蒸発させ、周囲から熱を奪うので葉の温度上昇が抑えられます。そのためグリーンカーテンの温度は周囲温度より下がるので、部屋に伝わる熱が少なくなり、気温の上昇が抑えられます。

お問い合わせ

市民福祉部 生活環境課(環境対策係・交通対策係)
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島910番地 (本庁舎)
TEL:025-792-9766
FAX:025-792-9500

記事へのアンケート