野焼きは禁止されています

公開日 2016年11月11日

最終更新日 2016年11月11日

野焼き(野外焼却)の禁止について

 一部の例外を除き、ゴミを焼却する行為は全て、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で禁止されています。違反した場合は、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金、またはその併科に処せられます。

一部の例外とは

 一部の例外とは、次の場合のものです。
 
 ・災害でまともに処分ができず、焼却しなければ衛生的に問題がある場合。
  ・「お焚きあげ」や「さいの神」など、ゴミの処分ではなく、「供養」や「息災祈願」を目的としており、
   宗教的、風俗的理由がある場合。
  ・農業、林業をする上で、野焼きが絶対に必要な場合。それ以外は、農作業で出た枯れ枝や
   草木(公益性無し)でも燃やすと違反になります。

  ・軽微なものとは、「煙や臭いがごく少量で、周囲の迷惑にならないもの」のことです。
   そのため、神社の掃除(公益性あり)などで出た枯れ枝や落葉を燃やした場合でも、
   苦情があれば中止、指導の対象になります。
  
※家庭ごみの焼却は、災害で処分できない場合を除き違反になります。

注意事項

  ・野焼きに対して許可というものはありません。原則禁止です。
  ・例外に該当するものであっても、周囲から煙や臭いに対する苦情があった場合、指導の対象となります。
  ・たき火の規模等、明確な基準はありません。常識的に考えて、苦情が発生しない程度と思ってください。
  ・警察、消防に通報があった場合、捜査の対象となり罰金等が科せられる場合があります。

お問い合わせ

市民福祉部 生活環境課(環境対策係・交通対策係)
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島130番地1 (小出庁舎)
TEL:025-792-9766
FAX:025-792-9500

記事へのアンケート