魚沼市カーボン・オフセット事業のご案内

公開日 2017年02月08日

最終更新日 2018年03月02日

魚沼わくわくの森クレジット
 
雪の恵み、土の想い、森の夢~みんなでつなぐ命の環~

カーボン・オフセット事業を開始しました。

  魚沼市のカーボン・オフセットプロジェクト「雪の恵み、土の想い、森の夢~みんなでつなぐ命の環~魚沼わくわくの森クレジット」が、平成28年2月26日に新潟県版J-クレジット制度に登録されました。

  ※パンフレットはこちら・・・  魚沼市カーボン・オフセットパンフレット[PDF:1MB]

カーボン・オフセットとは?

 私たちの日常の生活や、企業などが活動をするうえで、温室効果ガス(CO2等)が排出されています。この温室効果ガスを、まずできるだけ排出量の削減を行い、それでも削減できない排出量について、森林整備など温室効果ガスの削減活動に投資(クレジットを購入)すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。
 新潟県では、森林整備事業などのCO2吸収活動に資金提供され、地域の森林整備にもつながる「一歩進んだ地球温暖化対策」として、カーボン・オフセットを推進しています。
 「新潟県版J-クレジット制度」は、県内の森林整備による二酸化炭素吸収量や木質バイオマスイ固形燃料による二酸化炭素排出削減量を認証し、クレジット(新潟県版J-クレジット)を発行する制度です。

 くわしくはこちらで・・・ http://www.pref.niigata.lg.jp/kankyokikaku/1215023489153.html  (新潟県ホームページ)

魚沼市のプロジェクトについて

プロジェクト概要

 先人が育て守ってきた森の様々な恵みを活かし、田畑の土や森が力を持ち続けるには、地域住民の森に対する理解を深め、間伐等の森林整備を行い、地域の特性を活かした雪国魚沼らしい森づくりを推進することが必要です。
 「雪の恵み、土の想い、森の夢~みんなでつなぐ命の環~魚沼わくわくの森プロジェクト」は、100年後でも森が本来もつ多くの機能を発揮し、人と自然の交流の場となる地域のシンボルであり、様々な可能性を秘めた「わくわくとした森」をつくることを目指します。

プロジェクトの目的

 プロジェクトによって得られた資金を活用して次のことに取り組みます。

 1.「魚沼市森林・林業再生方針」に基づいた適切な間伐による森林整備を実施し、二酸化炭素吸収機能、
   生物多様性保全機能、水源かん養機能など森林の多面的機能の整備と林業の活性化を推進します。

 2.バイオマス活用推進計画により間伐材、林地残材等の森林資源の活用を推進し、薪やペレットを
   燃料としたストーブや炭の利用の促進を図ります。

 3.間伐材の利用促進に向け、素材生産から加工、販売、建築までの木材が流れる仕組みづくりを構築し、
   地域の活性化につなげます。

 4.私たちの生活が、水や森林をはじめとする自然の恵みに支えられ、密接につながっていることの
   理解を深めるため、自然体験や環境学習を実施します。

 5.自然体験や環境学習による都市交流を深め、都市と地方の連携による地域活性化を目指します。

クレジット購入の申込みについて

事前に環境課環境対策室にご相談ください。(電話:025-792-9766)

関係様式はこちらから・・・

・   「魚沼わくわくの森クレジット」(新潟県版J-クレジット制度)販売要領[PDF:117KB]

・ 魚沼市申込書[XLS:27KB]

販売実績

 「魚沼わくわくの森」プロジェクトでは、平成30年3月1日時点で400(t-CO2)のクレジットを発行しており、そのうち、337(t-CO2)を販売しました。
当市のクレジットを購入いただいた団体・企業は下記のとおりです。

購入団体名 オフセットの目的 リンク等
 足立区 魚沼市と足立区は友好提携都市であり、環境に関するイベントや体験学習、その他様々な交流を行っています。足立区でのイベント開催、電気使用、公用車使用によるCO2のオフセットとして購入いただきました。  足立区公式ホームページ
 携帯電話用ページ
 株式会社 戸田組 (株)戸田組はISO14001:2004の認証を取得しており、環境貢献活動として様々な取組を行っています。事業で使用する重機等の車両によるCO2のオフセットとして購入いただきました。  (株)戸田組ホームページ

※掲載は順不同です。

お問い合わせ

市民福祉部 生活環境課(環境対策係・交通対策係)
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島130番地1 (小出庁舎)
TEL:025-792-9766
FAX:025-792-9500
Get Adobe Reader

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。Adobe Readerのダウンロードページから入手してください。

記事へのアンケート