Column(№11)

公開日 2017年12月18日

最終更新日 2017年12月18日

平成29年12月18日(月)

 

みなさまこんにちは
魚沼市副市長の東川玲です。

今年も早いもので12月中旬を迎えて、魚沼はほぼ例年通り?の大雪に見舞われています。先週は、週初めから3日間程度ずっと雪が降り続きました。

先日、まちづくり委員会の集まりに参加しました。まちづくり委員会は、まちづくり基本条例に基づいて、住民の方々が自己決定、自己責任の原則のもとで、自主的に運営するものです。魚沼市でもまちづくり委員会があり、政策部会の来年4月の開催に向けて、現在、住民が中心となって政策部会の準備会合を開催しているとのことで、住民の方々との意見交換会および国の動向等について説明する機会をいただきました。

私からは「地域力創造に係る施策」について、地域金融機関(地銀)と交付金(国費)を併用して、民間事業者や起業家による新たな取組みに対して支援化を行う、ローカル10,000プロジェクト(地域経済循環創造事業交付金)の紹介や、地域のエネルギー資源を活用した地産地消エネルギープロジェクトなど説明しました。魚沼市は森林資源が豊富であり、市内の熱エネルギーを必要とする施設に木材等の資源を活用する事業が行える下地があるため、こうした取組があることを周知を兼ねて説明しました。

当日は、二時間程度、19:00~21:00という遅い時間帯にもかかわらず、ご参加された住民の方々からは活発なご意見等を頂戴いたしました。このような直接、住民の方々と意見交換する機会を今後も積極的につくっていきたいと考えております。

 

【まちづくり委員会準備会合の模様】

まちづくり委員会

 

【雪がふりました(庁舎屋上から撮影(H29.12.18)】

庁舎屋上から(H29.12.18撮影)

記事へのアンケート