【募集終了】魚沼!紙漉塾~雪国で学ぶ手漉き和紙~

公開日 2020年11月25日

最終更新日 2021年02月18日

 古くから日本全国で行われていた手すき和紙ですが、明治時代に機械化製紙技術が導入されて以降、職人は減少し、魚沼市でも一部地域に残るのみとなっています。この失われつつある伝統技能と手すき和紙の魅力をより多くの方に知っていただくため、体験イベントを開催いたします。
和紙の原料である楮(コウゾ)という木の皮むきから始まり、叩いて繊維をほぐし、紙を漉いて、乾かす、といった一連の手漉き和紙の工程を2日間かけて体験していただきます。また、和紙の活用事例の紹介やその歴史なども学ぶことができます。
多くの方からのご参加お待ちしております。

 

魚沼!紙漉塾の内容や申し込み方法等の詳細はこちらからご確認ください。

⇒⇒⇒https://www.morihikari.jp/taiken/1678/

 

紙漉きの様子
 

お問い合わせ

産業経済部 農林整備課
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島910番地 (本庁舎)
TEL:025-793-7740
FAX:025-793-1016

記事へのアンケート