「あなたとあなたの大切な人を守るために、HIV(エイズ)検査を受けましょう」

公開日 2018年05月31日

最終更新日 2018年05月31日

6月1日~7日はHIV(エイズ)検査普及週間です。

新潟県では「あなたとあなたの大切な人を守るために、HIV(エイズ)検査を受けましょう」をキャッチフレーズとし、検査・相談情報の周知を強化し、HIVやエイズに対する関心をもってもらうことで、HIV(エイズ)検査の浸透・普及を図っています。

検査は新潟県内の保健所で、無料・匿名で受けることができます。魚沼保健所での検査日・予約方法は ”魚沼市でのHIV(エイズ)検査”をご覧ください。
HIV(エイズ)検査で感染の有無の早期発見することは、早期治療の第一歩です。そのため早期発見は性的パートナーに対する感染リスクを減少させることにもなります。

HIV/エイズについて

HIVとは

ヒト免疫不全ウイルスと呼ばれるウイルスです。免疫の仕組みの中心であるヘルパーTリンパ球(CD4陽性リンパ球)という白血球に感染し、免疫力が低下します。
HIVに感染してもすぐに自覚症状は出ないことが多いです。

エイズとは

HIVの感染により病気とたたかう免疫力が低下し、本来なら自分の力で抑えることのできる病気(日和見感染症とよばれる)などを発症するようになってしまいます。
免疫力が落ちることで発症する疾患のうち、代表的な23の指標となる疾患が決められており、これらを発症した時点でエイズ発症と診断されます。
以前は治療法が無く、エイズを発症すると数年で死亡する病気でしたが、治療法の進歩により、HIVに感染していてもきちんと治療をすることで、今まで通りの生活を送ることができます。

もっと詳しく知りたい方は

下記のサイトをご覧下さい。

・エイズ予防情報ネット(API-Net) http://api-net.jfap.or.jp/index.html

・世界エイズデー http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eizu/

お問い合わせ

市民福祉部 健康増進課
住所:〒946-8511 新潟県魚沼市大沢213番地1 (湯之谷庁舎)
TEL:025-792-9763
FAX:025-792-7600

記事へのアンケート