梅毒が急増しています

公開日 2018年11月12日

最終更新日 2019年02月07日

梅毒について

  • 梅毒は性交渉により感染します。
  • 妊娠している人が梅毒に感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、死産、早産、新生児死亡、奇形(先天梅毒)が起こることがあります。
  • 梅毒は全国的に増加傾向です。県内でも、平成30年は届出数65件と過去最多(現在の届出方法となった平成11年以降)となっています。

症状について

  • 感染後約3週間で、初期症状として感染部位(陰部、口唇部、口腔部など)にしこりができることがありますが痛みはないことが多いです。また、股の付け根(そけい部)のリンパ節が腫れることもあります。
  • 治療をせずに3か月以上経過すると、手のひら、足の裏、体全体にうっすらと赤い発疹が出ることがあります。
  • いったん症状がきえても(無症候期)、抗菌薬で治療しないかぎり治りません。疑わしい場合は早めに受診しましょう。

検査について

  • 県内保健所では匿名で梅毒の検査を受けることができます。詳細については、保健所へお問い合わせください。

魚沼保健所での梅毒検査

検査日

毎週木曜日  :9:30~11:30(祝日を除く)

毎週第3木曜日:9:30~11:30、17:00~18:30(祝日、8月、1月、2月を除く)

料金

670円

検査内容

血液の採取(5cc程度)

予約・相談電話

025-792-8130 (※前日までの事前予約が必要です)

  • 梅毒に感染したかどうかの検査は、医療機関でも受けることが可能です。実施の有無については、直接医療機関へお問い合わせください。
  • 症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。
  • 梅毒の感染がわかった場合は、感染の可能性がある方(パートナー等)と一緒に治療を受けましょう。
梅毒の詳細・関連情報

梅毒について(国立感染症研究所)(外部サイト)

梅毒に関するQ&A(厚生労働省)(外部サイト)

梅毒に注意しましょう(新潟県)(外部サイト)

 

お問い合わせ

市民福祉部 健康増進課
住所:〒946-8511 新潟県魚沼市大沢213番地1 (湯之谷庁舎)
TEL:025-792-9763
FAX:025-792-7600

記事へのアンケート