産前産後期間の国民年金保険料の免除制度

公開日 2019年03月25日

最終更新日 2019年04月01日

平成31年4月から産前産後期間の国民年金保険料が免除となります。

免除期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。

なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含みます。)

対象者

国民年金第1号被保険者で出産日が平成31年2月1日以降の人

届出時期

出産予定日の6か月前から届出可能です。ただし、平成31年4月からです。

届出に必要なもの

母子健康手帳など出産日がわかるもの(出産後に届出する場合、市で出産日が確認できれば原則不要)

届書は、平成31年4月から年金事務所及び市役所各市民センター、北部振興事務所の窓口に備え付けます。

また、平成31年4月以降から日本年金機構のホームページからダウンロードできる予定です。

日本年金機構ホームページ http://www.nenkin.go.jp

 

 

お問い合わせ

市民福祉部 市民課(国民健康保険係・高齢者医療係)
住所:〒946-8511 新潟県魚沼市大沢213番地1 (湯之谷庁舎)
TEL:025-793-7971
FAX:025-792-7600

記事へのアンケート