里山整備事業について

公開日 2019年04月01日

最終更新日 2019年09月25日

 昔は、薪や木炭など暖房用の原料として、里山の木を伐って使ってきましたが、石油やガスなどの化石燃料の普及により、伐採が行われなくなっています。
 
このように里山から木が伐り出されなくなったことで里山が荒廃し、水源かん養や土砂災害の防止、二酸化炭素の吸収による地球環境保全など森林が持つ多面的な機能が低下するとともに、鳥獣被害が発生する原因の一つにもなっています。
 
そこで、荒廃した里山を再生させ、森林の持つ様々な機能を発揮させていくとともに、地元産木材の利活用の促進による地域活性化を図るためには、里山の木を伐採することで森林を循環させ、かつ伐採された森林資源を有効活用していく必要があります。
 このため、里山整備及び森林資源を有効活用していく活動に対して支援を行います。

対象者

魚沼市内に住所を有する里山整備及び木材活用に取り組む法人、林業事業体、生産森林組合、自治会のほか、魚沼市内在住の3名以上で組織する団体
※ただし、市税等の滞納がないことと、木炭の生産及び販売を主な仕事としていないことが条件です。

対象地

市有林(旧慣使用地:従来から集落が管理している土地を含む)、集落林、生産森林組合所有林、私有林
※基本的に登記簿上で山林となっている場所であること

対象期間

平成31年4月1日~令和2年3月31日

補助内容

木の伐採から集材にかる経費及び安全講習会受講費用について、予算の範囲内で次のとおり助成します。

補助対象経費 補助対象額
補助内容

下草刈・伐採費

実施面積1ヘクタールあたり、310,000円以内
下草刈りは全体を実施することとし、伐採については主伐または3割程度の間伐とする。
集材費(山土場まで) 木材の集材量㎥あたり、18,000円以内とし、4~8月は1㎥当たり6,000円以内を加算する。(広葉樹のみ)
ただし、木材を自己使用する場合は、集材量1㎥あたり3,000円以内
受講料 実費(1人あたり上限11,000円)

補助金交付要綱及び申請に必要な書類等

01補助金交付要綱[PDF:139KB]
01-1周知文書[DOCX:27KB]

★申請前に提出する書類

02事業実施計画書[XLSX:12KB] (5/10までに提出)

★補助金の申請に必要な書類等

03補助金交付申請書[DOC:55KB]
・事業実施者名簿
・実施予定場所がわかる図面(5000分の1または2500分の1程度)
・伐採届の写し
09伐採届[DOC:52KB]
・納税証明書(市税について未納がないことの証明)
10納税証明書[XLS:71KB]
 ※任意団体の場合、事業参加者全員の納税証明書

★補助金交付決定前に事業を実施する場合

04事前着手届[DOC:30KB]

★補助内容を変更または中止する場合

05補助金変更承認申請書[DOC:46KB]
06事業中止(廃止)届[DOC:30KB]

★補助金実績報告に必要な書類等、実施状況確認方法

07補助金実績報告書[DOC:113KB]
08補助金請求書[DOC:37KB]
・その他の提出書類

その他の提出書類
区分 提出書類 確認方法
下草刈・伐採費

●実施場所がわかる図面(5000分の1、または2500分の1程度)
●実施地点確認表
●作業前・作業後の全景写真及び作業中写真

GPS等による簡易測量および写真等による確認
※状況等により現地確認・調査を行う
集材費 ●木材搬出量報告書
●計測時の写真
●搬出量全体写真
簡易重量計等による確認
※従量の確認が難しい場合は、実測体積量により積算
受講料 ●講習会参加名簿
●講習会受講の領収書の写し
●受講時の写真
計画書の提出

申請多数の場合は実施内容の調整を行うことがありますので、事業実施予定がある場合は、5月10日(金)までに実施計画書を提出してください。
提出先:広神庁舎2階 農林整備課 林政係

その他

補助金交付申請は、事業を実施する前に必ず行ってください。

お問い合わせ

産業経済部 農林整備課
住所:〒946-8555 新潟県魚沼市今泉1488番地1 (広神庁舎)
TEL:025-799-4603
FAX:025-799-2250
Get Adobe Reader

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。Adobe Readerのダウンロードページから入手してください。

記事へのアンケート