魚沼市商店街活性化支援事業補助金

公開日 2019年04月02日

最終更新日 2019年04月02日

概要

地域住民のニーズに応え、画期的で新しい販売手法に取り組み、消費者が楽しく買い物ができる商店街づくりや購買の利便性を高める商業環境の整備等を実施する団体に対し費用の一部を補助します。

補助対象者

(1)次のいずれかに該当する組織であること。
  1 商店街協同組合
  2 任意の商店街組織
  3 市内の中小小売業等の振興を目的に組織された団体
  4 その他の商業者により組織される組織又は団体で市長が適当と認める者
(2) 申請者が、暴力団等の反社会的勢力でないこと、また、反社会的勢力との関係を有しないこと。
    また、反社会的勢力から出資等の資金提供を受ける場合も対象外とします。
(3) 3者以上の商業者により構成された組織であること。
  ※営業時間に午前10時から午後6時までの時間が含まれている商業者のみで3者以上となること。

対象となる事業

(1) 計画等策定事業
  例:中心市街地又は商店街の活性化に係る調査及び計画策定事業

(2) 情報システム化推進事業
  例:情報基盤を活用した情報システム研究開発事業、情報システム構築事業

(3) サービス事業
  例:顧客や商品等の移送など高齢化社会に対応した事業

(4) キャンペーン事業
  例: 商品やサービス等の周知を図る事業、事業者や業界のイメージを向上させる事業、来店機会を創出する事業
※  新規実施後3年以内の取組に限ります。また、申請団体としては新規事業であっても、市内の他地域や他団体での実施実績がある事業をそのまま実施する場合は対象とできません。

対象経費

(1) 計画等策定事業
(2) 情報システム化推進事業
  外部専門家の謝金及び旅費、会議費、研修費、通信運搬費、集計・分析費、無形固定資産購入・開発費、消耗品費、委託費など

(3) サービス事業
  工事費、設計監理費、機械器具備品等取得費、ソフトウェア開発費、委託費、整備費、広告宣伝費など

(4) キャンペーン事業
  外部専門家の謝金及び旅費、会議費、会場借上料、研修費、報告書等作成費、資料作成・購入費、通信運搬費、集計・分析費、広告宣伝費、原稿料、無形固定資産購入・開発費、消耗品費、機器借上・借損料、雑役務費、委託費、運営費、会場設営費、景品
 ※ 「景品」は1人あたりの価格が低額なものに限ります。また、商品券等の換金性の高いものは対象とできません。
  上記の費用であっても、安売りの原資となるものや販売商品の購入費など、社会通念上補助金の使途として適切でないものは対象とできません。

補助率等

(1) 計画等策定事業、(2)情報システム化推進事業
  補助対象経費の2分の1以内、上限額100万円
(3) サービス事業
  補助対象経費の2分の1以内、上限額200万円
(4) キャンペーン事業
  補助対象経費の2分の1以内、上限額300万円
 

募集期間等

平成31年4月1日(月)~ 6月28日(金)
募集期間延長しました。7月1日(月)以降も募集します。
※予算の範囲内で、先着順により受付します。

手続に必要な書類

申請に必要な書類

商店街活性化支援事業補助金交付申請書(様式第1号)[RTF:298KB]
・その他事業内容により、必要な書類を添付してください。

※申請にあたっては、必ず募集要項[PDF:267KB]をご確認ください。 

実績報告に必要な書類

商店街活性化支援事業補助金実績報告書(様式第7号)[RTF:261KB]
・実施写真、契約書の写し、領収証の写、国及び県の補助金実績報告書に添付した報告書類の写し
・その他事業内容により、必要な書類を添付してください。

その他

詳細については、募集要項をご確認ください。

※その他の支援事業については、「魚沼市中小企業者向け各種支援制度一覧」のページをご覧ください。

お問い合わせ

産業経済部 商工観光課(商工係・企業誘致係)
住所:〒946-8511 新潟県魚沼市大沢213番地1 (湯之谷庁舎)
TEL:025-792-9753
FAX:025-793-1016
Get Adobe Reader

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。Adobe Readerのダウンロードページから入手してください。

記事へのアンケート