守ろう!電波のルール

公開日 2019年07月01日

最終更新日 2019年07月01日

公共の電波を正しく使用するために、電波法というルールがあります。

しかし「不法無線局」から発射される不法な電波によるテレビ・ラジオの受信障害や消防・救急など

重要な無線通信への混信・妨害は後を絶ちません。

また、インターネット取引などにより、日本では使用ができない外国規格の違法な無線機器

(技適マークが付いていない無線機器)が流通しています。

これらを法令違反の認識がないまま使用し、混信妨害の原因者となるケースが増えています。

 

電波の良好な利用環境を守るため、「不法無線局」をなくし、電波を正しく使いましょう。

 

電波に関することは、総務省信越総合通信局までお気軽にご相談ください。

本件に関するお問い合わせ

総務省 信越総合通信局
 ★無線設備への混信・妨害及び違法な無線設備の情報に関すること
   監視調査課(電話:026-234-9976)
 ★テレビ・ラジオなど放送の受信障害に関すること
   
受信障害対策官(電話:026-234-9991)
 ★その他、情報通信の行政相談に関すること
   監視調査課(電話:026-234-9961)

ホームページ http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/

お問い合わせ

総務政策部 企画政策課
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島130番地1 (小出庁舎)
TEL:025-792-1425
FAX:025-792-9500

記事へのアンケート