消防救助技術大会 種目紹介

公開日 2019年08月01日

最終更新日 2019年08月01日

 消防救助技術大会 種目紹介            

ロープブリッジ救出

■ロープブリッジ救出
4人1組(要救助者を含む)で2人が渡過ロープにより対面する塔上に進入し、要救助者を救出ロープに吊り下げ、けん引して脱出するものです。
逃げ遅れた要救助者を隣のビル等から進入し、救出することを想定した訓練です。

ほふく救出

■ほふく救出
3人1組(要救助者を含む)で空気呼吸器を着装し、8mの煙道内を検索し要救助者を屋外に救出した後、2人で安全な位置まで搬送するものです。
ビルや地下街等で煙にまかれた人を救助するための基本的な訓練です。

応用登はん

■応用登はん
登はん者と補助者が2人1組で協力し、資器材を使わずに搭乗から垂下されたロープを15m登はんするものです。

ロープブリッジ渡過

■ロープブリッジ渡過
水平に展張した20mの渡過ロープを往路はセーラー渡過、復路はモンキー渡過を行います。

はしご登はん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はしご登はん
塔前5mの位置からスタートし、自己確保の結索を行ない、垂直はしごを15m登はんします。

お問い合わせ

消防本部・消防署 総務課
住所:〒946-0007 新潟県魚沼市四日町450番地1(消防庁舎)
TEL:025-792-0765
FAX:025-792-8441

記事へのアンケート