高齢者の交通死亡事故多発 細心の注意を!

公開日 2019年11月27日

最終更新日 2019年11月27日

 

 午後5時頃に高齢者が車に轢かれ死亡する事故が11月23日に発生しました。平成31年(令和元年)の魚沼市の交通事故死亡者はすべて65歳以上です。
 12月は、午後5時台が特に人と車の衝突で死亡する事故が多くなっています。お出かけの際は十分注意し、交通事故に遭わない、起こさないようにしてください。

gahag-0060705178

 

 

 

高齢者の交通事故の特徴


「夕暮れ時から夜間にかけて、自宅近くで、道路横断中」

に多く、横断の後半に左側から走ってくる車との事故が多くなっています。
 

歩行者の事故防止ポイント


横断歩道を利用し、かつ横断する前や横断中は車が止まってくれるかしっかり確認する
車の通りが少なくても、左右の安全を十分確認する

渡りながらも左右の安全を確認する
止まっている車のすぐ前や後ろ、通り過ぎた車のすぐ後ろは渡らない
夕方や夜間に外出するときは夜光反射材を身につける

hannsya

ドライバーの歩行者事故防止ポイント

 

横断歩道とその付近の歩道に歩行者がいないか注意して運転する
横断歩道に横断者等がいたら横断歩道手前で確実に停止して安全に渡らせる
早めにライトを点灯して、歩行者等の早期発見に努める(車両の存在を知らせることにもなる)

 

お問い合わせ

市民福祉部 生活環境課(環境対策係・交通対策係)
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島130番地1 (小出庁舎)
TEL:025-792-9766
FAX:025-792-9500

記事へのアンケート