新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐための学校等の対応について

公開日 2020年05月07日

最終更新日 2020年09月15日

学校行事等の対応に当たっては、集団感染を防ぐため次のことを基本原則としています。

1 3密(密閉・密集・密接)を避ける。

2 衛生管理の徹底を図る(うがい、手洗い、歓喜の励行、マスクの着用)。

3 各校の実情に応じた予防や対策、環境を工夫する。

4 行事の連続性、一貫性の視点から、必要に応じて各中学校区で協議する。

■校外学習・学校行事

 感染防止を十分講じた上で実施しています。

 ・延期していた小学校の魚沼尾瀬学校を8月3日から9月11日の間で全て実施しました。

 ・中学校の体育祭が9月5日から9月6日の間で全て実施されました。

■感染防止及び感染発生時の対応

・文部科学省の「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」を基本としています。

・教育委員会事務局から、感染防止対応等の指針となる通知を各学校に発出しています。

(9月11日現在、35件発出済)

・感染者等が確認された場合は、保健所の指導を受けた上で、当該校について臨時休校等の措置を決定します。

・ウイルス関連のいじめ防止についても、従来からの即時報告及び組織的な対応を基本とし、

 学校と教育委員会が連携して対応します。

お問い合わせ

教育委員会事務局 学校教育課
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島910番地 (本庁舎)
TEL:025-793-7452
FAX:025-792-1261

記事へのアンケート