通電火災対策について

公開日 2020年07月16日

最終更新日 2021年01月19日

地震、台風、水害、大雪などにより、広範囲にわたる長時間の停電の発生が懸念されます。

長時間の停電からの再通電時に、電気機器や電気配線からの火災が発生する恐れがありますから、下記を参考にしてください。

地震、水害等により停電が発生した場合の対応

・停電中は電気機器のスイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜く。

・停電中に自宅等を離れる時は、ブレーカーを落とす。

再通電時の対応

・電気機器が破損していないか、破線やコードが破損していないか、燃えやすいものが近くにないか等、十分に安全を確認してから、電気機器を使用する。

・異音や異臭を感じた場合は、使用を止めて購入した業者に相談する。

・煙の発生等の異常を発見した際は、使用を止めるとともに、すぐにブレーカーを落とし、消防機関に連絡する。

お問い合わせ

消防本部・消防署 予防課
住所:〒946-0007 新潟県魚沼市四日町450番地1 (消防庁舎)
TEL:025-792-7168
FAX:025-792-8441

記事へのアンケート