新型コロナウイルス感染防止に伴い、飛沫防止シート設置時の火災予防上の留意事項について

公開日 2020年08月14日

最終更新日 2020年08月14日

 飛沫防止シート設置時の火災予防上の留意事項について

新型コロナウイルス感染防止に伴い、各店舗などで飛沫防止シートを設置されているかと思います。

設置の際、火災予防上留意していただく点がありますので、下記の内容を確認のうえ設置をお願います。

1 火を使用する設備や器具、白熱電球等の熱源となるものの近くには原則設置しないで下さい。

 感染防止対策上どうしても熱源に近い場所へ設置する場合は、燃えにくい(難燃性、不燃性、防炎製品)ものを使用して下さい。

2 消防用設備等の作動障害とならないように設置をお願いします。

 自動火災報知設備やスプリンクラー設備が設置されている建物は、感知器の作動障害やスプリンクラーヘッドの散水障害が無いように設置をお願いします。

3 避難経路を確保して設置して下さい。

 火災発生時など避難障害とならない様に設置してください。

 

ご不明な点等は予防課までご連絡下さい。

添付資料:飛沫防止用のシート設置に係るリーフレット

02リーフレット[PDF:1MB]

 

 

お問い合わせ

消防本部・消防署 予防課
住所:〒946-0007 新潟県魚沼市四日町450番地1 (消防庁舎)
TEL:025-792-7168
FAX:025-792-8441
Get Adobe Reader

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。Adobe Readerのダウンロードページから入手してください。

記事へのアンケート