危険! 夜のウォーキングやランニング・ジョギングはライトを点けましょう

公開日 2020年09月11日

最終更新日 2020年09月11日

 暗い夜のウォーキングやランニング・ジョギングは、他の歩行者や車・自転車との接触の危険性が高まります。ぶつかれば、自身だけでなく相手も怪我をしてしまうことがあります。堤防道路や農道など灯りの少ない場所では特に注意が必要です。
周りに配慮し、安心で気持ちよく通行できるよう、以下のことを守りましょう。


1 必ずヘッドライトやハンドライトを点ける。
(前方から来る人と互いの存在を認識することで接触の危険性は低下します。)

headlamp_man


2 反射材を身に着ける。
(シールや反射材付きの襷などで、車や自転車にも存在を知らせましょう。)

hansyazai_man


3 明るい服装を選ぶ。
(黒や紺は、暗闇に溶けこみます。白、黄色、蛍光色などを選ぶことが大切です)

2

お問い合わせ

市民福祉部 生活環境課(環境対策係・交通対策係)
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島910番地 (本庁舎)
TEL:025-792-9766
FAX:025-792-9500

記事へのアンケート