友好自治体等へ魚沼市大白川産ブナ材サイドテーブルを贈呈しました

公開日 2020年11月09日

最終更新日 2020年11月26日

10月28日に友好都市の足立区と交流事業を行っている江戸川区及び文京区へ魚沼市大白川産ブナ材で製作しましたサイドテーブルを新庁舎の竣工記念として贈呈しました。
大白川の山林で大切に育てられたブナを材料として、市内の職人によりサイドテーブルとして生まれ変わり、その天板中央に市内の樹木8種類を使用した組子を入れ、組子の下には大沢和紙を敷き、市内の匠の技を十分に表現した一品です。
首都圏で市産木材製品を展示することで、多くの方に見てもらい、今後の販路拡大を目指したいと考えます。
また、今年度はコロナウイルス感染症の影響で実施できなかった首都圏の子供達との交流事業については、来年度のプログラムに森林学習も盛り込み、魚沼市でしかできない体験メニューをPRしました。

防災協定を締結しています豊島区へは11月20日に贈呈し、魚沼市産木材の活用についてPRしました。

足立区

足立区 工藤 信 副区長へ贈呈

 

江戸川区

江戸川区 斉藤 猛 区長へ贈呈

 

文京区

文京区 成澤 廣修 区長へ贈呈

 

P1140728 P1140732

豊島区 高野 之夫 区長へ贈呈

 

IMG_2085

市内の樹木8種類を使用した組子

 

 

 

 

 

お問い合わせ

産業経済部 農林整備課
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島910番地 (本庁舎)
TEL:025-793-7740
FAX:025-793-1016

記事へのアンケート