令和3年産米の放射性物質検査の結果について

公開日 2021年09月02日

最終更新日 2021年09月06日

県が実施した令和3年産米放射性物質検査の魚沼市の結果は次の通りです。

1.品目   玄米(早生)、玄米(コシヒカリ)

2.放射性セシウム
  (1)セシウム134  早生、コシヒカリともに検出されず
  (2)セシウム137  早生、コシヒカリともに検出されず
  (3)合計       早生、コシヒカリともに検出されず
   ※ 参考
     放射性ヨウ素 ヨウ素131  早生、コシヒカリともに検出されず
  (注)「検出されず」という表記は、検出限界値以上の放射性セシウムが検出されなかったことを意味します。検出限界値とは測定において検出できる最小値であり、放射性物質の測定では、同じ機器で測定しても、検体毎に検出限界値は変動します。

3.食品衛生法上の企画基準(一般食品)
   放射性セシウム  100ベクレル/kg
   放射性ヨウ素 ヨウ素131  基準なし

4.問い合わせ先
  新潟県農林水産部農産園芸課 025-280-5194
  魚沼市産業経済部農政課   025-793-7647

お問い合わせ

産業経済部 農政課
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島910番地 (本庁舎)
TEL:025-793-7647
FAX:025-793-1016

記事へのアンケート