雪・寒さによるLPガス事故を防止するために

公開日 2021年12月27日

最終更新日 2021年12月27日

【雪による事故防止】

 積雪期には、落雪や雪の重み、除雪作業によりLPガス設備が損傷し、ガス漏れなどの事故が発生することがあります。

 事故防止のため、次の点に注意しましょう。

1. LPガス容器、ガスメーターなどの周辺は、設備を傷つけないよう注意して、こまめに除雪しましょう。

2. 積雪の多い地域では、容器等を収納庫内に設置しましょう。

3. 屋外に燃焼器具(給湯器、風呂釜など)が設置されている場合は、その周辺も除雪を行ってください。

4. 燃焼器具の吸気口が雪でふさがれていないか、排気筒に破損がないか確認しましょう。

「ガスの匂いがする」「燃焼器具からススが出ている」などの異常があった時には、ガスを止め、すぐに販売事業者に連絡してください。

 

【寒さによる事故防止】

 寒さで給湯器が凍結すると、故障や破損につながりますので、凍結防止対策をお願いします。

 給湯器には、凍結防止ヒーターや循環ポンプがあり、その作動により凍結を防止します。これらが正常に作動するよう次のことにご協力をお願いします。

1. 電源プラグは抜かない。

2. 風呂の残り湯は、翌日の清掃やお湯の張り替えまで抜かず、洗濯に使用する際も浴槽内のお湯の出入り口(循環アダプター)より5センチ以上残してください。

詳しくは、新潟県LPガス協会のホームページを確認されるか、お使いのメーカーにお問い合わせください。

また、新潟県LPガス協会によると、現在給湯器の部品供給が不足しており、故障、破損した際すぐに修理ができないおそれがあるとのことです

お問い合わせ

消防本部・消防署 予防課
住所:〒946-0007 新潟県魚沼市四日町450番地1 (消防庁舎)
TEL:025-792-7168
FAX:025-792-8441

記事へのアンケート