ホームタンクの経年劣化に伴う油流出事故防止について

公開日 2022年01月17日

最終更新日 2022年01月17日

家庭用ホームタンクや配管の経年劣化による油流出事故が発生しています。

長期間使用しているホームタンクなどは、今一度確認していただき、日ごろより定期的な点検を実施するようお願いいたします。

a

主な点検箇所は以下の7点となります。

1. ホームタンク本体にサビや穴が空いてないか確認

2. 燃料の減りが早くないか燃料ゲージの確認

3. 注入口はしっかり閉めてあるか確認

4. ホームタンク脚部が強固の土台に固定さているか、さびていないか確認

5. 配管に滲みや漏れがないか確認

6. ストレーナーにひびや漏れがないか確認

7. 周辺で灯油の臭いがしないか確認

油の漏洩は、火災発生の危険だけではなく、環境悪化の恐れもあります。流出を発見したら被害の拡大防止のため、速やかに消防本部に連絡して下さい。

お問い合わせ

消防本部・消防署 予防課
住所:〒946-0007 新潟県魚沼市四日町450番地1 (消防庁舎)
TEL:025-792-7168
FAX:025-792-8441

記事へのアンケート