産婦健康診査費用を助成します

公開日 2022年04月01日

最終更新日 2022年04月01日

お子さんを出産後、おおよそ2週間及び1か月で受診する産婦健康診査にかかる費用を助成します。
令和4年度から、産後おおよそ2週間で受診する産婦健康診査にかかる費用を新たに助成します。
令和4年4月1日以降に、産後2週間健診を受ける方が対象です。                            

申請できる人

産婦健診受診日において魚沼市に住民登録している方

助成内容

産後2週間及び1か月健康診査にかかる費用のうち1回あたり5,000円を上限とします。
※対象外の検査を実施したり、5,000円を超えた場合の費用は自己負担となります。

助成方法

委託医療機関(魚沼基幹病院・たかき医院・十日町病院)で受診するときは

妊娠届出時に母子健康手帳と同時に「産婦健康診査受診票」を交付します。
産婦健康診査を受診する際に、医療機関窓口に提出することで助成が受けられます。

委託医療機関:魚沼基幹病院 南魚沼市浦佐4132 TEL 025-777-3200
       たかき医院  十日町市馬場丙1550-1 TEL 0257-58-2361
       十日町病院  十日町市高田町3丁目32番地9 TEL 0257-57-5566

委託医療機関以外で受診するときは

産婦健診受診後に助成金を払い戻し(償還払い)により助成します。

1、医療機関で産婦健康診査を受診後、費用の全額を医療機関に支払う。
2、医療機関から領収書と診療明細書を交付してもらう。
3、「妊産婦健康診査費助成申請書」に次の必要書類を添付して、
   子育て世代包括支援センターへ申請する。
 ・医療機関が発行した当該健康診査の領収書、診療明細書
 ・母子健康手帳の表紙と「出産後の母体の経過」ページの写
 ・振込先口座の確認ができるもの(通帳等の写)
  ※振込先口座は産婦本人の口座に限ります。

妊産婦健康診査費助成申請書[PDF:49KB]
申請書は、下記窓口にもあります。
・子育て世代包括支援センター(本庁舎1階子ども課内)
・北部事務所(北部庁舎内)
・北部事務所 入広瀬分室(入広瀬会館内)

お問い合わせ

教育委員会事務局 子ども課(子育て世代包括支援センター)
住所:〒946-8601 新潟県魚沼市小出島910番地 (本庁舎)
TEL:025-792-9204
FAX:025-792-5600
Get Adobe Reader

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。Adobe Readerのダウンロードページから入手してください。

記事へのアンケート