コロナ対策室を名乗る不審電話が発生

公開日 2020年05月18日

令和2年5月18日、魚沼市内の住宅に若い男の声で「コロナ対策室です。コロナの影響で公共料金がケ月分免除となります。」等と電話がありました。
電話を受けた男性は不審に思い電話を切ったため被害はありませんでした。

現在、新型コロナウイルス感染症に関連して、次のような不審電話の相談が全国各地で寄せられています。
「水道事業者を名乗る者から、水道管にコロナウイルスが付着しているため、取り除く必要がある」
「新型コロナの薬を200万円で販売する」
「(会社宛に)新型コロナの助成金が国から出る。社員1人につき50万円が支払われる」

不審な身に覚えのないメールや電話があっても、対応せず、ご家族や警察に相談してください。

【問い合わせ先:小出警察署 電話 025-793-0110】

記事へのアンケート