市長メッセージ【市立病院における新型コロナウイルス感染に関して】

公開日 2021年05月05日

市長メッセージ

市立小出病院職員及び患者の新型コロナウイルス感染拡大を受け、市民の皆様に向けてのメッセージを配信します。

※動画撮影時は個室で単独撮影しております

なおこの件に関しての詳しい内容は小出病院ホームページをご確認ください
https://uonuma-medical.jp/koide/

【以下、メッセージ内容】

4月23日に市立小出病院の職員1名の新型コロナウイルスの陽性が確認されて以降、本日、5月5日までに職員及び患者計28名の陽性が確認されました。
市立小出病院では、非常事態宣言を発令し、外来診療の中止、入院患者への面会を禁止をさせていただくとともに、入院患者及び職員への定期的なPCR検査の実施により、感染の拡大を防ぐために全力で対応にあたっております。
患者、ご家族及び地域の皆さまにご心配・ご迷惑をおかけいたしますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止に全力で努めてまいりますので、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

その上で、皆さまにお願いがございます。今までも感染された方のプライバシーや人権に配慮した行動をお願いしてまいりました。しかし、残念なことに、病院関係者に対して、心無い発言があったと聞いております。
職員は自宅にも帰れずに、体力的にも限界に近づきつつある中で懸命に対応にあたっています。周囲の言動により心を傷つけることは絶対にあってはいけません。
また、新潟県を含む全国で感染拡大が続く中、誰もが新型コロナウイルスに感染する又は濃厚接触者となる可能性があります。
感染された方を責めたり非難することは、絶対におやめください。「感染した人がどこの地区の人なのかわからないと感染対策ができない」との声をいただきます。責めたり、非難するつもりはなくても、特定の地域を危険な場所として、無意識に排除していることになります。
ウイルスはどこにでもいます。だからこそマスクの着用や手洗いなど、一人ひとりが、自分でできる感染対策をしっかりとやることが大事なのです。
皆さまのご理解とご協力をお願いします。

記事へのアンケート