市長メッセージ【新潟県独自の警報発令を受けて】

公開日 2021年07月22日

市長メッセージ

新潟県独自の警報発令や市内での新型コロナウイルス感染症患者発生を受けて、注意喚起やお願いのため市民の皆様に向けてのメッセージを配信します。

※動画撮影時は個室で単独撮影しております

【以下、メッセージ内容】

魚沼市長の内田です。いよいよ7月23日から東京オリンピックが開催され、日本各地でトップアスリートによる競技が繰り広げられます。
しかしながら、新潟県においては感染者が増加傾向にあることから独自の警報を発令しており、市内では1ヶ月半ぶりに陽性者が確認されました。
このような状況から考えますと、これからのお盆の帰省や夏のイベントなどにより、地方への感染拡大が心配されるところであります。
感染拡大防止の効果が期待されるコロナワクチン接種について、本市においては7月中旬から64歳以下の方への接種を開始しております。併せて若年層の方の予約受付も開始いたしました。ワクチン接種では副反応というデメリットはあるものの、感染予防、発症予防、重症化予防などの効果が期待できます。各地で若い世代への感染者が増加していることから、是非若い方から接種を受けていただきたいと思います。感染を自分ごととして捉えていただき、感染予防の徹底をお願いいたします。
市民の皆様からは、緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置が適用されている都道府県との往来は慎重にご判断いただくとともに、やむをえず往来した場合には感染の可能性を考え、慎重な行動をとっていただきますようお願いいたします。
これ以上、新型コロナウイルスを拡大させないためにも、私たちが普段から行っている感染予防であるマスクの着用や手指消毒等の基本的な対策を引き続き徹底していただくよう、市民の皆様からご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

ご自身だけでなく、大切な方々を新型コロナウイルスから守るための感染予防対策です。皆様に重ねてお願い申し上げます。

記事へのアンケート