若い世代のみなさんへ(新型コロナワクチンに関する市長メッセージ)

公開日 2021年08月24日

市長メッセージ

若年層への新型コロナワクチン接種を検討していただくためのメッセージを配信します。

※動画撮影時は個室で単独撮影しております

【以下、メッセージ内容】

皆様こんにちは。市長の内田幹夫です。
新型コロナワクチン接種について、皆様にお願いです。
現在、県内では、若い世代の感染者が増加しており、20代が最多となっています。
一方で、魚沼市の20代・30代のコロナワクチン接種率は約40%と、低くなっています。
若い親世代の感染により、子どもへ感染する、家庭内感染も心配です。本人だけでなく、周りの人を守るためにも、ぜひワクチン接種を検討してください。
ワクチン接種後に発熱や腕の痛みなどの副反応を心配してワクチン接種を迷っている人もいると思いますが、市販の解熱剤で症状を緩和することもできます。
健康な体にワクチンを接種するかどうか、迷うことは十分に理解します。しかし、感染や発症する人が少なくなることにより、医療機関の負担は減少し、本当に医療を必要とする人たちへの治療を迅速に提供することができます。自宅で療養中に症状が悪化しても受け入れてくれる医療機関がなく、不幸にも亡くなってしまったという、痛ましい事例が報告されています。そのようなことは、あってはならない事です。
ワクチン接種は待機時間を含め30分ほどで終了します。
感染してからでは遅いのです。ご自身、そして大切な方々を守るため、ワクチン接種について、もう一度考えてください。
重ねてお願い申し上げます。

記事へのアンケート