TOPに戻ります。


鐘つけば音鳴りいでておんおんとひびかふ下に心つつしむ
池岸にもの寂びんとすまゆみの実の真紅の核は弾けむとする
空ひびき土ひびきして雪吹ぶくさびしき国ぞわが生まれぐに
夜もすがら空よリ聞こえ魚野川瀬ごと瀬ごとの水激ち鳴る

除   幕
所在地

 昭和52年6月26日
 岐阜県中津川市 大林寺境内

除   幕
所布地

 昭和52年11月8日
 新潟県魚沼市 堀之内小学校前庭
   

戦ひを終りたる身をあそばせて岩むらがれる谷川を越ゆ 宮 柊二
せまリあふ谿のそこひに立つ音の水ひた押しにおし明かるなリ 英子

波の間に降り込む雪の色呑みて玄海の灘今宵荒れたり
まどろめば胸どに熱く迫り来て面影二つ父母よさらば

除   幕
所在地

 昭和54年5月13日
 富山県下新川郡宇奈月町 宇奈月公園内

除   幕
所布地

 昭和55年10月10日
 福岡県北九州市門司区和布利公園古城山頂
   

熊野灘いまのぼり来し朝の日は洋のおもてにくれなゐ流す

大雪山の老いたるきつね毛の白くかはりて
ひとり径をゆくとふ

除   幕
所在地

 昭和56年11月22日
 三重県尾鷲市 中村山公園山頂

除   幕
所布地

 昭和57年10月10日
 旭川市神居町高台優佳良織工芸館前庭
   

北国の日筋きびしく差す下に能取・網走のうみ二つ見ゆ

むらさきの葛の花ちる石段を武蔵国分寺へわがのぼりゆく

除   幕
所在地

 昭和58年10月3日
 北海道網走市郊外 天郡山展望台屋上

除   幕
所布地

 昭和58年12月4日
 東京都国分寺市 武蔵国分寺仁王門脇
   

濤沸の湖のおもてに浮かびつつ
数限りなき憩ひの鴨ら

往還に白き挨の立ちながれあな恋ほしかも白秋先生

除   幕
所在地

 昭和59年10月8日
北海道斜里郡小清水町中山記念浜小清水ユースホステル横

除   幕
所布地

 昭和60年1月26日
 福岡県柳川市袋町遊歩道
   

かすが野のいにしへざまに木を草を残す園にて春逝かんとす

先生のうたひたまへる通り矢の
はなのさざなみひかる雲母のごとく

除   幕
所在地

 昭和60年5月6日
 奈良市春日野町

除   幕
所在地

 昭和60年5月12日
 神奈川県三崎市三崎町 県立城ヶ島公園内
   

蝋燭の長き炎のかがやきて揺れたるごとき若き代すぎぬ 宮 柊二
うつせみの八十の老や杖ひきて紅葉ふみわけ暮秋の山 野村 清

瑠璃いろの珠実をつけし木の枝の小現実を歌にせむかな 宮 柊二
かしの幹をうすく広ごりたえまなく伝はる水は重し思想よリ 中山礼治

除   幕
所在地

 昭和63年6月12日
 東京都日野市高幡不動

除   幕
所在地

 昭和63年11月6日
 新潟県西蒲原郡弥彦村 弥彦神社境内
   

峡沿ひの日之影といふ町の名を旅人われは忘れがたくす

夢に立つ山紫水明雪白き八海山と清き魚野川

除   幕
所在地

 平成元年4月16日
 宮崎県西臼杵郡日之影町

除   幕
所在地

 平成5年2月6日
 新潟県北魚沼郡堀之内町 舟方公園内
   

黙ゐつヽこヽろ虔しむ夏草のあを照りしづむ隠岐神杜みち
島山の太き腹部を一刀に断ち落したるごとき垂直

長歌「朱鷺幻想」(反歌2首を含む)

除   幕
所在地

 平成9年5月21日
 島根県隠岐郡海士町 隠岐神社境内
除   幕
所在地

 平成14年9月28日(コスモス創設50周年記念)
 新潟県佐渡市 新穂トキ公園内

       
ふるさとは影置く紫蘇も桑の木も一様に寂し晩夏のひかり
父の碑(右) 亡き父のありし昔の聲のごと魚野川なるその音恋ひし
母の碑(左) 冬の夜の吹雪の音をおそれたるわれを小床に抱きしめし母

除   幕
所在地

 平成14年11月3日(宮柊二記念館会館10周年記念)
 新潟県魚沼市堀之内 宮柊二記念館前公園内
除   幕
所在地
平成21年9月11日(魚沼市制5周年記念)
 新潟県魚沼市堀之内 宮柊二記念館前公園内

〒949-7413 新潟県魚沼市堀之内117-6
TEL 025-794-3800
FAX 025-794-3800
E-Mail miya-museum@city.uonuma.niigata.jp