○魚沼市保健管理医師等に関する規則

平成16年11月1日

規則第102号

(設置)

第1条 市民の保健管理に必要な事業(以下「保健事業」という。)に従事するため、保健管理医師等を置く。

(定義)

第2条 この規則において「保健管理医師等」とは、市が実施する保健事業に従事する医師、歯科医師、看護師、助産師、保健師及び歯科衛生士(一般職の職員を除く。)をいう。

(職務)

第3条 保健管理医師等は、市長の指示に基づき、次に掲げる職務に従事するものとする。

(1) 予防接種法(昭和23年法律第68号)第3条、第6条及び第9条の規定による予防接種

(2) 住民診療及び住民検診

(3) その他市民の保健管理に必要なこと。

(定数)

第4条 保健管理医師等の定数は、それぞれ若干人とする。

(身分)

第5条 保健管理医師等は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する非常勤の特別職とする。

(委嘱)

第6条 保健管理医師等は、次に該当する者のうちから市長が委嘱する。

(1) 医師、歯科医師、看護師又は歯科衛生士で心身の健全な者

(2) 地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない者

2 市長は、前項の規定により委嘱された保健管理医師等が保健管理医師等として適確性を欠くと認められる場合は、解任することができる。

(期間)

第7条 保健管理医師等の委嘱期間は、毎年4月1日から翌年の3月31日までの期間内で市長が必要と認める期間とする。

(服務)

第8条 保健管理医師等は、職務の公共性を認識し、公共の利益のため、民主的、能率的かつ全力を挙げて職務を遂行しなければならない。

2 管理医師等は、常にその業務を行う上に必要な知識、技術等の修得に努めなければならない。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成16年11月1日から施行する。

魚沼市保健管理医師に関する規則

平成16年11月1日 規則第102号

(平成16年11月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 険/第5節 保健衛生
沿革情報
平成16年11月1日 規則第102号