○魚沼市物品納入指名業者選定要綱

平成16年11月1日

訓令第50号

(趣旨)

第1条 この要綱は、市が発注する物品の製造の請負又は買入れ(以下「物品納入」という。)の指名競争入札及び随意契約の協議において指名される業者(以下「指名業者」という。)の選定方法に関し必要な事項を定めるものとする。

(選定方法の原則)

第2条 指名業者の選定の原則は、次のとおりとする。

(1) 魚沼市物品入札参加資格審査規程(平成16年魚沼市告示第65号)による入札参加資格者名簿に登載された者(以下「有資格業者」という。)とする。

(2) 物品納入に対応できる実績を有する有資格業者とする。

(3) 受注機会の確保及び地域産業の振興を図るため、市内に主たる営業所を有する有資格業者を優先する。ただし、有資格業者が不足する場合は、次の順序による。

 市内に従たる営業所を有する有資格業者及び市に隣接する市町に主たる営業所を有する有資格業者

 県内に主たる営業所を有する有資格業者

 県内に従たる営業所を有する有資格業者

(不良不適格者の排除)

第3条 次の各号のいずれかの事項に該当し、物品の納入者として明らかに不適当であると認められる場合は、選定から排除する。

(1) 警察当局から暴力団員が経営に事実上参加する業者又はこれに準ずるものとして、公共事業からの排除要請があり、当該状態が継続している場合

(2) 手形交換所による取引停止処分、主要取引先からの取引停止等の事実があり、経営状態が著しく不健全である場合

(指名の特例)

第4条 災害等により緊急に必要とする物品納入、特殊な技術及び経験を必要とする物品納入その他特別な事由のある物品納入については、対応実績に関係なく適当と認められる有資格業者を選定することができる。

(指名業者数の標準)

第5条 物品納入についての指名数の標準は、5社以上とする。ただし、物品納入の特殊性等により有資格業者が限られている場合等やむを得ない事情がある場合は、この限りでない。

(随意契約)

第6条 随意契約の協議の相手方の選定は、前条までの規定に準じて行うものとする。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成16年11月1日から施行する。

魚沼市物品納入指名業者選定要綱

平成16年11月1日 訓令第50号

(平成16年11月1日施行)