○魚沼市配水管工事負担金に関する要綱

平成22年12月20日

告示第146号

(趣旨)

第1条 この要綱は、魚沼市配水管工事負担金に関する規程(平成22年企業管理規程第11号。以下「規程」という。)の取扱に関し、必要な事項を定めるものとする。

(口径別の標準流量)

第2条 規程第2条第2項に規定する口径別標準流量は、メーターの口径別標準流量とし、次のとおりとする。

メーターの口径

水道メーター1個当たりの標準流量

13ミリメートル

2.5立方メートル/時間

20ミリメートル

4.0立方メートル/時間

25ミリメートル

6.3立方メートル/時間

30ミリメートル

10.0立方メートル/時間

40ミリメートル

16.0立方メートル/時間

50ミリメートル

20.0立方メートル/時間

75ミリメートル

40.0立方メートル/時間

(工事費の按分)

第3条 規程第3条第1項に規定する工事費設計額は、ガス管及び下水道管布設工事と同時施工した場合に限り、同条第2項の規定により按分できるものとする。

(需要家数)

第4条 規程第4条に規定する需要家は、布設又は布設替えする配水管の工事区間の範囲内にある家又は今後、建築が想定される見込みの家とする。

2 規程第4条に規定する今後想定される需要家数は、概ね10年後を想定した数とする。

(工事の申込み)

第5条 給水装置の新設又は改造に伴い、配水管の布設又は布設替えを必要とする者又は希望する者(以下「申込者」という。)は、配水管負担金工事申込書(様式第1号)に必要な書類を添えて市長に申し込まなければならない。

(工事の決定)

第6条 管理者は、前条の規定による申込みがあった場合、配水管負担金工事決定通知書(様式第2号)により、工事の実施について決定し、申込者に通知するものとする。

2 前項において工事を実施する決定をした場合、配水管工事負担金内訳書(様式第3号)により概算工事負担金を算出し、併せて申込者に通知するものとする。

(承諾書の提出)

第7条 申込者は、前条により工事を実施する決定の通知があった場合、工事内容、負担金額を確認し、その内容に異存がない場合は配水管工事負担金承諾書(様式第4号)を管理者に提出するものとする。

(工事の実施)

第8条 管理者は、前条の承諾書の提出を確認した後、工事を実施するものとする。

(負担金額の変更)

第9条 管理者は、工事に変更があった場合、工事負担金を算出し、配水管工事負担金額変更通知書(様式第5号)により申込者に通知するものとする。

(負担金額の確定)

第10条 管理者は、工事が竣工した後、速やかに工事負担金を算出し、負担金額を確定するものとする。

2 管理者は、前項において額を確定した場合、配水管工事負担金額確定通知書(様式第6号)により申込者に通知するものとする。

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日告示第35号)

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

画像

画像

(平26告示35・一部改正)

画像

画像

画像

画像

魚沼市配水管工事負担金に関する要綱

平成22年12月20日 告示第146号

(平成26年4月1日施行)